bet365-728-90

クリュス:それは私にとって最も苦しい敗北の1つでした

火曜日の対スイス戦の抽選はトニ・クルーズ( 3 0 )の1 0 0国際試合。本物のスターにとってのマイルストーンだが、彼は輝く日を迎えなかった。異常に再生ミスを犯し、パスミス直後の0 -2にも関わっていた。しかし、ティモ・ヴェルナー( 28日)、ケイ・ハベルツ( 55日)、セルジュ・グナブリー( 60日)は結局3 -3で勝利を収めた。しかし、全体的には、クルーズが記念日のためだけに覚えておきたいゲームだった。ポッドキャスト「アインファッチ・マル・ルッペン」

で、彼は今、彼のナショナルチームのキャリアを振り返り、株式を取得しました。「素晴らしいポジティブなハイライトがありましたが、国際試合100試合でも少し低いところがあります」と彼は言いました。「

絶対ハイライト」はもちろん2014年の世界選手権の勝利でした。「しかし、その日の夕方、翌朝、ワールドカップが私のスクランブルエッグの隣のテーブルにあったときには、そんなに気づかなかった」と彼は認めた。しかし、2010年3月3日のデビュー以来、挫折もあった。クルーズ:「深みもありました。確かに2年前のロシアでの予備ラウンドで経験しました。私たちは十分ではなかった「しかし、他のトーナメントではもっと悪い

経験をしました。「私の意見では、2012年のヨーロッパ選手権対イタリア戦での準優勝が苦敗だった。これも個人的に迷惑をかけました」と彼は言った。「私はまだ絶対的な常連ではありませんでした。私はかつてトレードされたことがあり、プレーしておらず、すべての場所の準決勝で最初からトーナメントで最初の試合をしました。“